カードローン審査の不思議

カードローンに申し込み審査を受け、A社からは「ご融資可能」という判定が出ても、その判定がすべての金融機関で共通しているわけではありません。
審査で見る項目というのは共通していますが、どの基準を持って「ご融資可能」とするのかということは、それぞれで異なるということなのです。
審査が厳しいところ、甘いところというのもやはり出てきます。

「うちは審査が甘いですよ!」などと堂々と宣言されていることはないので、カードローンの公式サイトを見ただけでは判断するのが難しいのですが、こうした現象が起きることがあるということは覚えておくといいでしょう。
信頼度が高いと判定されれば、カードローンを利用できるという流れになります。

居住形態も関係する

カードローンの審査では、年収や勤務先などの他に、居住形態についてもチェックされることになります。
持ち家か賃貸かということも、実は重要です。
持ち家ですとその持ち家を捨てて逃げるというリスクが減るため、審査ではプラスに作用することになります。

また一人暮らしよりも、家族で住んでいるほうが有利となります。
賃貸に一人で住んでいますと、簡単に引っ越しができるため、借り逃げのリスクが高いと判断されかねないのです。
ただこれらは、あくまでも数ある審査項目のうちのひとつということですから、それ一つがダメだと全部ダメになるということではありません。

総合的に判断していき、カードローンの利用が可能かどうかを見ていくのです。

審査で気になることとは?

過去にもカードローンの利用経験があった場合、そのことが審査でマイナスになるのではと心配される方もいるかもしれません。
しかしそれをきちんと完済していれば、しれは返済実績と見なされますから心配いりません。
そして現在すでに他社利用がある場合、総量規制が関係するのであれば、借入総額によってはご融資できないということになります。

そうでなければすでに借入があったとしてもそこまで気にする必要はないですが、収入と借入とのバランスが悪いと判断されれば、それはマイナスとなるでしょう。
こうした細かなチェックを経て初めてカードローンを利用することができます。
ただ最短で即日の利用も可能ですから、スピーディな対応もできるのです。